休日でも即日融資に対応するカードローン

 

 

 

 

 

日曜などの休日に急にお金が必要になる時があるものです。

 

そんな時に限って手元にお金が無く、借金をしなければならなくなります。

 

ただ、最近は一昔前と違って休日でも借入のできるカードローンが増えており、急な物入りがあっても心配する必要が無くなっています。

 

昔のように、店舗から直接借入をしていた時代は休日が店舗の休業日だったために審査をしてもらえず、平日に出直さなければなりませんでした。

 

 

現在では休日でも夜間でも審査をしてもらえますし、カードまで発行してもらうことができます。

 

従って、休日に関係なく365日いつでもカードローンによる即日融資が可能になっています。

 

 

さらに、インターネットの普及とともにインターネットを利用したカードローンの申込もできるようになり、借入金も利用者の銀行口座に即日に振り込んでもらえます。  

 

ところで、即日融資ができるようになった背景には審査時間の短縮化があります。

 

現在の消費者金融の審査ではスコアリングシステムという審査機能が構築されており、申込者の年齢や職種、年収、雇用形態、家族構成などの属性をコンピュータに入力すると瞬時に貸出の可否や利用限度額が表示されるようになっています。

 

スコアリングシステムによって審査が速く終わるようになったため、その日の内に貸出の処理までできるようになりました。

 

ただし、休日が店舗の休業日であることには変わりは無いので、カードを発行してもらうためには自動契約機を利用するしかありません。

 

 

また、自動契約機による受付は20時から21時には終了するため、それまでに審査の手続きを終えている必要があります。

 

 

また、銀行口座への借入金の振込は振込先の銀行の営業時間内に限られます。

 

従って、休日に振込キャッシングを利用できるのは、休日でも振込処理に対応してもらえる消費者金融の提携銀行に口座を持っている場合に限定されます。  

 

ちなみに、平日であれば、どこの銀行であっても昼頃までに手続きを終えていると、その日の内に借入金を振り込んでもらうことが可能です。

 


このページの先頭へ戻る